lukasbieri / Pixabay

赤ちゃんとの初めての飛行機旅、楽しみだけどなにから調べたらいいのかわからない!近距離でさえ、赤ちゃんとの移動は準備万端にしないと落ち着かないけど、飛行機に乗るなんてなおさら。
今回は基本的な「いつから乗れる?」という疑問から、飛行機内での対応までをまとめてみました。筆者が初めての海外旅行で体験したことも盛り込んでおりますので、是非参考にしてみてください~!
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


赤ちゃんはいつかれ飛行機に乗れる?

ほとんどの航空会社が「生後8日以上から」と定めています。航空会社の中には、医師の承諾書などがあれば「生後8日未満でも搭乗可能」という会社もあるそうです!もし必要であれば確認をしてみてください。
ちょっと気になるのが赤ちゃんに気圧の影響ってないのかな?という疑問。調べたところ、この時期でも影響はないようです。安心して搭乗できますね。ただ赤ちゃんは大人より周りの環境変化にとっても敏感!

以下の内容で紹介しているサービスを上手く利用して、すこしでもストレスを減らせるように無理のない旅行を楽しんでくださいね。

航空会社の赤ちゃん向けのサービス

radiobj5 / Pixabay

え!こんなものまで借りられるの?と私自身驚いてしまった航空会社での赤ちゃん向けサービス。予約が必要なものが多いですが、事前に調べておくことでだいぶ安心できそうですね。

・手持ちのベビーカーを荷物として預けた後は、貸出用ベビーカーを利用できる
・バシネット(機内取り付けベビーベット)貸出(要予約)
・絵本やおもちゃを機内で借りられる
・トイレにはオムツ替えシートが付いている
・オムツも用意してもらえる(要予約)
・ミルク用に白湯を用意してもらえる
・離乳食やおやつの用意もある(要予約)
・飛行機に乗る時は他の利用客よりも前に、優先的に搭乗させてもらえる

赤ちゃんがまだ授乳中の方は、授乳室はありませんので座席であげることになります。必ず授乳ケープや目隠しとなるストールなどがあると安心です。
飛行機内での赤ちゃん向けのサービスは、日本の航空会社は親切すぎる程です!
国際線で海外の航空会社を利用する場合は、同じようには考えない方がよいかもしれません。

日本の航空会社によってもサービスが異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう!

小さな子ども連れでLCCって使える?

s_masako / Pixabay

最近日本国内でも増えているLCC!(低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社)
旅費を抑えたい!という方はもってこいの航空会社ですが、赤ちゃんも安心して搭乗できるものなのでしょうか?
筆者が体験したこともあり、少しポイントをまとめてみます。

最前列の「ストレッチシート」を利用する
子どもを抱っこしたまま乗らなければいけない時は、最前列のストレッチシートという通常の座席より足元が広い座席がおすすめ!追加料金で予約可能な場合が多いです。
LCCはいわゆる「優先搭乗」がありませんし、搭乗から出発までの時間が短いのが特徴です。最前列の座席を選べば、機内に入ってすぐに席に座ったり荷物を片付けたりすることができるのでとっても便利。
また、最前列に座るとCAさんがすぐ近くにいてくれるので何かと安心。子どもによく笑いかけたり話しかけたりしてくれるのでご機嫌になってくれるかも♪

ビジネス客が多い時間帯を避ける
時間帯や路線によっては、前の方の席にビジネス客が多い可能性があります。
その場合、子どもが騒いだりぐずったりすると増して気を使ってしまう状況になってしまうかも。時間を選択できる場合は、ビジネス利用者が多い時間帯を避けるのも良いと思います。
または、搭乗してすぐ、隣の席の方に「子どもがご迷惑おかけするかもしれません。」と一言謝っておくのも良いです。相手の方も寛大になってくれるかも。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


手荷物はコンパクトにまとめる
最前列のストレッチシートの場合、足元は広いのですが手荷物を足元に置くことはできません。その他の座席でもLCCの場合は座席間隔が狭いので、必要最低限のものだけをまとめて、すぐ取り出せる腰バックなどに用意しておくのをオススメします。
子ども連れの場合、あれやこれやと荷物はどうしても増えてしまいがち!
ですが機内で手元に置く荷物はできるだけコンパクトにまとめておくことをオススメします。

ベビーカーや抱っこ紐を持っていく
まだ自分で歩けない赤ちゃんは必ず持っていかれると思いますが、ヨチヨチ歩きの時期はすばやく移動できるお出かけグッツがあると移動に便利です。
LCCの場合、搭乗手続きの場所から飛行機までの移動距離が長い場合があります。自由に歩かせられるスペースでない場合、迷子になったら大変ですので空港内は必ずそばにいるようにしましょう。

行き先は韓国!初フライト体験記&まとめ

私が初めての我が子を連れてのフライトの際はLCC(ピーチ)を利用しました。行き先が韓国でフライト時間が短かったこともあり(フライト時間は約1時間半)、料金の安さを優先。ちなみに座席も前方や後方ではなく思いっきり真ん中。(笑)もう歩き出しているのですぐに席を立てる通路側にしました。
搭乗した機内は、前方の最前列にバシネットを取り付けられる設備や広いスペースがあり、他の赤ちゃん連れの乗客の方が座っておられました。
我が子もジッとしているのに耐え切れず、安定飛行の際にテクテクお散歩。
ちょうど最前列の片側席が空いていたため、一緒に窓から外の雲や街並みをみて喜んでいました。
前方にいたCAさんも笑顔で話しかけてくれたり、ピーチのオリジナルシールをくれたりして大喜び。あげくCAさんの胸ポケットから綺麗な色のボールペンを奪い、一本なくしてしまうというご迷惑までかけてしまいました。(苦笑)
今回の旅は、韓国と近場でもあったのでLCCを利用しましたが、長時間フライトとなると航空会社も慎重に選ばなければ、搭乗して後に後悔するな~と実感しました。

ママパパもお子さんもお互いストレスなく笑顔でいられるように、事前の万端準備で旅行を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">