「フォローアップミルク」は、育児用粉ミルクよりも安価ですし、使おうかなと考えている方は多いのではないでしょうか。フォローアップミルクは育児用ミルクとはどう違うの?赤ちゃんに必要なものなの?赤ちゃんのことを考えると、お母さんたちは疑問や不安もあると思います。

フォローアップミルクは赤ちゃんにとって必要なのか、また寝る前に飲ませると虫歯になるのか、などの気になる疑問点を解明していきたいと思います。
スポンサーリンク


フォローアップミルクとはどんなもの?


フォローアップミルクは牛乳の代わりに使うもので、おっぱいや育児用ミルクの次に飲ませるものではありません。育児用ミルクよりもタンパク質と糖質が多く、脂肪は少なめなのが特徴です。また、牛乳に比べると鉄分が多く、ビタミンも適当量加えられていますので、鉄が不足している赤ちゃんに適量与えます。月齢は一般的に9ヶ月~3歳ぐらいとされています。

9ヶ月になったらフォローアップミルクに変えた方がいい?


9ヶ月以降はフォローアップミルクに変えることができます。しかし、フォローアップミルクは母乳または育児用ミルクの代替品ではありませんので、わざわざ変えなくて大丈夫です。おっぱいが出ているのなら、今まで通り飲ませましょう。むしろ栄養バランスのとれた離乳食を進めることに力を入れたほうがよいでしょう。

フォローアップミルクは鉄分などが強化されているほか、牛乳にはない成分も入っています。適宜フォローアップミルクを活用してもよいのですが、9ヶ月以降と書いてあるから変える、という必要はありません。離乳食が進まず、鉄不足のリスクが高い場合などに、必要に応じて使用します。

離乳食でほうれん草やひじき、レバーペーストなど鉄分を多く含む食材を食べている、あるいはおっぱいを十分に飲んでいるなら必ずしも必要ではありません。
あわせて読みたい

フォローアップミルクを使わずに鉄分を赤ちゃんに届けるには?

9ヶ月ごろになると鉄分が不足しがちになりますが、離乳食に鉄分を多く含む食品を意識して取り入れましょう。赤身の魚や鶏や豚、牛のレバー、しじみ、大豆、ひじき、ほうれん草、小松菜などの食材の他、ベビーフードのレバー製品、鉄強化製品などを利用しながら、しっかりとらせていきましょう。鉄分はタンパク質やビタミンCと一緒にとると、吸収が促進されます。

フォローアップミルクを寝る前に飲ませると虫歯になる?

ミルクも同様ですが、フォローアップミルクを寝る前に飲ませると虫歯になるリスクが高くなります。飲ませた後は、虫歯予防のためにも麦茶や湯冷ましを飲ませて口の中をすっきりとさせます。さらに歯磨きをすることも必要です。ミルクを飲ませたままで寝かせると虫歯になりやすいのは、寝てしまうと唾液の分泌が減少し、乳汁が洗い流されにくくなるからです。

そもそも、離乳食をしっかり食べていて、夜中におなかがすいて目を覚ますことがなければ、寝る前のミルクは必要ありません。寝る前に決まって欲しがる場合は、もしかすると飲みたいというよりも哺乳瓶の乳首を吸って安心したいだけかもしれません。代わりにおしゃぶりを与えてみる、哺乳瓶の中身を湯冷ましか麦茶にするなどして、徐々にやめていきましょう。哺乳瓶は1歳代前半を目安に卒業するようにします。

赤ちゃんが虫歯になる原因とは?

赤ちゃんが虫歯になる原因の一つは、長時間歯にミルクや離乳食の残りが付着していることです。哺乳瓶でミルクを飲む場合は、上あごと舌で乳首をしごくようにして飲むため、上前歯のとくに裏側に付着します。
もう一つの条件は、原因菌であるミュータンス菌が赤ちゃんの口腔内に定着していることです。虫歯菌は赤ちゃんが生まれてから、

親や大人と接触することでうつる

といわれています。
歯、虫歯菌、食べ物、時間。この4つがそろうと虫歯の可能性がアップします。

スポンサーリンク


歯磨きをせずに寝てしまった時の対処法は?


赤ちゃんがミルクを飲んだまま寝てしまったら、寝た後に、綿棒や濡らしたガーゼを指に巻き付け、歯と歯茎の境目をそっとふきましょう。特に上の歯をきれいに拭いてあげてください。もちろん下の歯までもきれいにすればより好ましいです。

牛乳をそのまま飲めるようになるのはいつ頃から?


牛乳を冷たいまま飲めるようになるのは1歳を過ぎてからです。それまでは、アレルギーがなければ、しっかり加熱してパンがゆなど、少量を使う程度にしましょう。

1歳を過ぎてから与える1日の目安量は300~400㎖程度です。例えば午前、午後のおやつの時間に100㎖くらい飲ませて、あとはヨーグルトやチーズなどの乳製品で補ってもよいでしょう。そのまま飲むだけでなく、シチューやグラタンなど調理にも活用しましょう。

まとめ

フォローアップミルクは、おっぱいを十分に飲んでいる、離乳食をしっかり食べているのなら必ずしも必要ではありません。栄養のバランスがいい食事をすることが大切です。
また、飲ませる場合は、量を守り時間を気にしたいものです。寝る前に飲ませることは虫歯になる可能性があるので、歯磨きをする、麦茶に変える、哺乳瓶を卒業することを心掛けましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク