tookapic / Pixabay


おかゆや野菜のペーストが基本だった離乳食も、中期になるといろんなものを食べられるようになります。段々とタンパク質も摂っていきたいところ。そこで、食べやすい納豆のあげ方、加熱が必要なのか等を調べていきましょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

離乳食におすすめな納豆

iooj / Pixabay


納豆はどこのスーパーにもまず売っていない事はなく手に入りやすい上にお値段も安いのでどの家庭にも常備品としてあるのではないでしょうか。大人にはタンパク質が豊富に含まれており健康食品としても人気ですよね。
そんな納豆は離乳食としてもおすすめな食材です。赤ちゃんは食べられるものが限られているため栄養が偏ってしまいがちですが、納豆をあげることでタンパク質のみならずビタミン、ミネラルなどの栄養をバランスよく摂取できます。また、鉄分も含まれていますので、鉄分を不足しやすい赤ちゃんの貧血予防にも効果があります。
離乳食を開始したことで腸内環境の変化により便秘になる赤ちゃんも多いです。そんな赤ちゃんには、納豆は食物繊維も豊富に含まれていますので便秘解消にも効果が期待できますよ。

納豆をあげられるのはいつから?あげ方は?

納豆は、湯通しをしてすりつぶせば離乳食初期からあげられます。
茶こしに納豆を入れてお湯をかけて湯通しすることで少し粘りがとれて赤ちゃんも食べやすくなります。お湯を切って包丁で細かく砕いた後にすり鉢ですりつぶします。お湯やお出汁などを少しだけ加えてのばしてあげるとより食べやすくなりますよ。最初はひとさじだけにしてアレルギー反応がないか様子を見ましょう。午前中のうちにあげておいて万が一アレルギー反応が出たらすぐに小児科を受診しましょう。アレルギー反応がなかった場合でもタンパク質量が多いので少量ずつ増やしながら様子を見ましょう。

中期になったらすりつぶしをやめて細かいみじん切りの状態であげられるようになります。赤ちゃんが粘りを嫌がらなければ湯通しもする必要はありません。湯通しせずに済むようならばひきわり納豆を選ぶと刻む必要もなくなるので手間が省けます。

後期になったらみじん切りを荒くするなどして、離乳食の進み具合を見ながら形状も変えていきましょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

納豆を離乳食で使うポイント

yalehealth / Pixabay


大人にも多いですが、納豆の独特なにおいや粘りが苦手な赤ちゃんもいます。納豆だけで食べさせるとどうしても嫌がってしまう場合は、お米やそうめんなどに混ぜてあげてみるといいですよ。納豆のたれは塩分が多いので赤ちゃんの離乳食には使わないでください。
納豆も冷凍が出来ます。進み具合に合った大きさに刻んだ納豆を1回分ずつ小分けにして冷凍しましょう。使うときには自然解凍、または電子レンジで解凍することで時短になります。一度凍らせることで粘りもなくなるのでクセがなくなり苦手だった子にも食べやすいかもしれません。
湯通し等、火は通した方が良いですがあまり日にかけすぎるとねばねば部分にある栄養が損なわれてもったいないので軽くにしておきましょう。

納豆を使った離乳食レシピ


初期【納豆ご飯】

鍋で納豆(10g)と水(20ml)を入れて納豆がふやけるまで煮ます。
柔らかくなったらすり鉢で潰してだし汁(大さじ1)を加えて混ぜ、10倍がゆに混ぜるだけ!
だし汁は納豆についてくるたれを大さじ1のお湯で薄めたものを使用しても良いそうです。

【納豆と豆腐の和え物】

納豆(10g)を粘りが取れるまでお湯で洗い、パラパラになったらすり鉢で潰します。
豆腐(20g)はラップをかけて電子レンジで20秒加熱してすり鉢で潰します。
納豆と豆腐にだし汁を入れて混ぜ合わせるだけで完成。

中期【納豆お好み焼き】

65294 / Pixabay


キャベツ(20g)とにんじん(5g)をみじん切りにして、納豆(1パック)に卵1個を入れてたれも加えてよく混ぜたものを合わせます。
これに小麦粉(大さじ3)を加えてさらに混ぜます。
フライパンにスプーンですくって落とし中火で2~3分焼き、キツネ色になるようにひっくり返して焼きます。両面がキツネ色になったら完成!

後期【納豆トマトチーズのトースト】

食パン(8枚切り1枚)の耳を切り落とし4等分にカットします。
湯剥きし、種を取り除いたトマト(20g)をみじん切りにして食パンに広げるように乗せます。混ぜた納豆(1/2パック)も乗せてカッテージチーズを乗っけたらオーブントースターで3分焼いて出来上がり!
離乳食の進み具合によって、カッテージチーズではなく溶けるチーズ、クリームチーズ等調整してください。

関連記事
離乳食の進め方カレンダー 初期のポイント
離乳食の卵の進め方ポイント 卵ボーロは大丈夫?
離乳食を食べない原因は?離乳食初期・中期の対処法
離乳食を食べない原因は?離乳食後期・完了期の対処法
離乳食 進め方カレンダー 食べない原因を知りイライラ怒鳴りを回避
離乳食 進め方カレンダー中期 納豆は加熱が必要?冷凍保存法

まとめ

あの独特なにおいやねばねばで離乳食にしても赤ちゃんが食べてくれるか不安ですよね。でも、意外にも納豆は離乳食として赤ちゃんに人気の食材なんです。食べすぎて困っているというママも居るくらいです。栄養も豊富なので食べてくれると体の各方面の調子が整って良いですが、離乳食にはお豆腐もよく使用すると思います。同じ大豆製品ですので栄養が偏らないようにメニューには注意して下さいね。

赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんになっても食べられる健康食品、納豆。早く我が子が片手に納豆のパックを持って箸でかき回すところを見たいですね!
これを見て下さったママの赤ちゃんが納豆好きな子に育ちますように☆
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">