tookapic / Pixabay

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない!そんな悩みを抱えているお母さんは多いはずです。離乳食は毎日のことなので、「何を、どのくらい、どのように食べさせたらよいの?」「どうして食べないの?」と離乳食のことに神経質になりすぎてイライラすると、それが赤ちゃんにも伝わり、本来楽しいはずの食事の雰囲気が損なわれることなります。
赤ちゃんが離乳食を食べない原因は何なのか探ってみましょう。離乳食初期(5~6ヶ月)ごろから離乳食中期(7~8ヶ月)の離乳食の内容と食べない時の対処法をまとめました。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

5~6ヶ月ごろ(離乳食 初期)

yalehealth / Pixabay


よだれの量が増える、スプーンを口に当てても嫌がらない、大人が食べているときに興味を示す、授乳のリズムが整ってきた、支えがあれば座っていられる、などの様子が見られたら離乳食をスタートします。これより早いと赤ちゃんの体に負担をかけ、遅いと租借の発達の遅れや鉄分不足になることがあります。
赤ちゃんは、これまで母乳やミルクだけを飲んできたので、舌は前後にしか動かず、唇を閉じるのが苦手です。離乳食を口に入れてもすぐにこぼしてしまいますが、あせらず根気よく与えましょう。

離乳食の進め方:米、うどんなどの炭水化物からはじめ、野菜類、豆腐や白身魚などの食材を増やしていきます。1日1回小さじ1からスタートし、少しずつ食材を増やし、1ヶ月たったころに2回食へ進めます。
食材のかたさ・大きさ:やわらかくゆでて裏ごししたり、すりつぶしたりして滑らかな状態にします。ペースト状のかたさが目安です。

離乳食を食べないときは?

Ajale / Pixabay

まずは親が食べているところを見せてあげましょう。離乳食になれないうちは、スプーンや食べ物を嫌がって舌で押し出したり、うまく飲み込めずに口から出したりしてしまうこともあります。とろみが緩すぎたり、粒が残っているだけで嫌がることもあります。
市販のベビーフードをお母さん自身が食べてみると、バリエーションが広がったり、手作り離乳食の参考になります。
他にも、スプーンを変えてみる、与える時間をずらしてみるなど工夫してみてください。根気よく与えているうちに必ず慣れてきます。
赤ちゃんに合ったスプーンの大きさは、赤ちゃんの口の3分の2くらいの幅で平たいものがオススメです。また金属製のスプーンの冷たさを嫌がる子もいるので、メラニン樹脂製や、木製のものなどを試してみましょう。
おっぱいをいつも欲しがる場合は、離乳食の時間を少し早め、赤ちゃんが離乳食に興味を示すように、あらかじめ用意をしておき、タイミングよく食べさせることが大切です。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


7~8ヶ月ごろ(離乳食 中期)

PublicDomainPictures / Pixabay

赤ちゃんの舌は前後に加えて上下にも動くようになります。絹ごし豆腐くらいのかたさなら、上あごと舌の間に食べ物を挟み、モグモグしながらつぶせるようになります。口の動きをじっくり観察しましょう。スプーンから食べ物を取り込んで上手にゴックンできる、口を動かしてモグモグできる、おすわりが安定し両手が使える、食べる意欲がある、といった様子が見られたら2回食に進んでOKです。

離乳食の進め方:1日2回が基本になります。これまでの食材に加え、鶏ささみ肉、赤身魚、納豆などタンパク質を少しずつ増やし、バランス良く食べさせたい時期です。1食の品数は2~3品にしましょう。
食材のかたさ・大きさ:粗いみじん切りや小さい角切りにした食材をゆでたり煮たりして、舌でつぶせるかたさ(絹ごし豆腐のかたさが目安)にします。

離乳食を食べないときは?

Mrs__schu / Pixabay


すごく空腹だったり、まだ離乳食になれていないと、そのたびに泣いてしまう赤ちゃんは多いものです。離乳食の前におっぱいやミルクを少しだけ飲ませ、だっこして気分を落ち着かせてから与えてみてください。それでもダメなら生活リズムを見直して、離乳食の時間を調節しましょう。
必要以上におっぱいを欲しがるのなら、赤ちゃんが好きなおもちゃで遊ばせてみる、手遊びをする、外に連れて行くなどの気分転換をすると、気が紛れるのでおっぱいに集中しなくなります。おっぱいの間隔が開けば、空腹感が出るので、食事も少しは食べるようになるでしょう。
また、お母さんが恐る恐る食べさせていたり、表情が曇りがちだったりすると、赤ちゃんも不安になって食べなくなるということもあります。食事が楽しい雰囲気になるように演出することも大切です。


まとめ

離乳食を始めたばかりのころは、食べる量より、こぼしている量の方が多いような感じですよね。裏ごしや、みじん切りは手間と時間がかかるのに、食べてくれないとイライラして落ち込むお母さん達は多いはずです。
離乳食を頑張っているお母さんは、赤ちゃんのことを大切に思っている証ですが、神経質になりすぎるのもよくありません。
赤ちゃんの発達や食べる量などは、個人差が大きいので、今日はダメでもまた明日、と長い目でゆったりとした気持ちを持って、離乳食の時間を楽しめるようになってほしいと思います。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">