congerdesign / Pixabay

生後5ヵ月頃から食べられるようになる離乳食。手間暇かけて作った離乳食を愛する我が子がパクパク食べてくれる姿に毎日感動してしまいます。たくさんの食材があり食べられる時期や調理方法、進め方など調べるものが多くて大変ですよね。今回は、毎日食べている方も少なくないであろう卵の離乳食の進め方を調べていきます。合わせて子供がよく食べている”卵ボーロ”についてもまとめました。

卵はいつからあげられる?

yalehealth / Pixabay

卵はアレルギーの出やすい食品です。特に卵白の部分にアレルギーの原因となる”オボアルブミン””オボムコイド”という成分が含まれています。そのため初めて卵を食べさせる時には卵黄のみとなります。
スタートをきれるのは、生後5~6ヵ月から離乳食を始めて順調に進んでいる場合、離乳食中期の生後7~8か月頃からです。
卵アレルギーは卵白が原因となることがほとんどのため、最初の卵黄の時点で問題がなくても全卵を与えてからアレルギー反応が出ることが多々あります。なので初めて全卵を与えた日から2日間はかゆみ湿疹などの皮膚異常、下痢、嘔吐などの症状が出ないか様子を見てあげて下さい。一般的にアレルギー症状は30分以内に現れることが多いので、午前中に与えて症状が出た場合にはすぐに小児科へかかれるようにしておきましょう。

卵をあげるステップ

Skitterphoto / Pixabay

【生後7~8ヵ月頃】

卵は固ゆで卵にして、卵黄のみを取り出します。卵白が混ざらないように慎重に取り出しましょう。一番最初は耳かき1杯程度だけ与え、少しずつ増やしていって最大で1日卵黄1個までに抑えます。

【卵黄が食べられるようになって1ヵ月後】

固ゆで卵、オムレツ、そぼろなどのしっかりと火を通す調理法でなら全卵を与えられるようになります。卵白は一番初めはやはり耳かき1杯程度にしておきましょう。アレルギー反応が出なければ段々増やして小さじ1杯程度まで。
中期:1/3 後期:1/2 完了期:2/3  までを目安にしてください。
半熟卵などの十分に火が通っていない卵を食べられるようになるのは6歳を過ぎたころからになります。それまでは必ず完全に火を通さなければいけません。

たまごボーロはいつから?

emirkrasnic / Pixabay

実はたまごボーロもアレルギーを起こしやすい食べ物です。たまごボーロには全卵が入っています。そこを逆手にとって卵の離乳食デビューでたまごボーロを進めるお医者様もいらっしゃるようですが、しっかり手順を踏んで火を通した卵の卵黄から進めていきましょう。アレルギー反応がなければ、全卵を食べられるようになった頃から始めると良いと思います。
たまごボーロの前に、黄身のみを使用した卵黄たまごボーロというものや卵不使用のものもあるようなので試してみるといいかもしれませんね。
他にも卵には加工品がたくさんありますよね。卵焼き、伊達巻、茶わん蒸し、玉子豆腐など市販のものは赤ちゃんにあげるのはやめておきましょう。幼児食に切りかわってから様子を見て少しずつ与えましょう。

たまごの栄養素

アレルギーが心配でマイナスなイメージばかり持ってしまうかもしれませんが、卵は赤ちゃんの発育に良いタンパク質が豊富な食材です。タンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中でも必要不可欠な8種類の必須アミノ酸をバランスよく含み、私たちの免疫力をUPしてくれます。このタンパク質を摂取することで体力をつけて病気にかかりにくい体を作る効果があります。

ビタミンA、B2、B6、B12、D、E、葉酸、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄が含まれており、ビタミンC以外の栄養素はほとんどという栄養の優等生!
たまご2個分のエネルギー量は約157kcal。タンパク質約12.8g、脂質約10.7g。
生活習慣病の予防やアルツハイマー予防にも効果があり、抗酸化作用も優れています。
また、鶏だけでなくうずらの卵も鶏と同じく栄養豊富なので離乳食に取り入れましょう。うずらの卵3つで鶏卵Mサイズ分なので量の調整がしやすいですよ。

関連記事
離乳食の進め方カレンダー 初期のポイント
離乳食の卵の進め方ポイント 卵ボーロは大丈夫?
離乳食を食べない原因は?離乳食初期・中期の対処法
離乳食を食べない原因は?離乳食後期・完了期の対処法
離乳食 進め方カレンダー 食べない原因を知りイライラ怒鳴りを回避
離乳食 進め方カレンダー中期 納豆は加熱が必要?冷凍保存法

まとめ


まとめ

tookapic / Pixabay


いかがでしたでしょうか?赤ちゃんはまだ言葉を話せないので出来ればアレルギー症状で苦しませたくなくて卵には手を出せないという方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。アレルギーが出やすいというリスクは確かにありますが、卵は栄養満点の優秀食材だったこともお分かり頂けたかと思いますので生後7~8ヵ月を過ぎたら少しずつ挑戦してみましょう。アレルギー反応がなければ、卵は将来的に毎日の朝ごはんや揚げ物のつなぎ、お味噌汁の具、お菓子作りにも使う万能食材ですので我が子にもぜひ大好きになってもらいたい食品ですよね。

また、卵アレルギーだった場合にも、たくさん制限はされてしまいますが、今は卵不使用の加工品も多くありますので離乳食で食べられなくても大きくなって食べられるものがあるといいですね。
ちなみに、新鮮な卵は黄身と白身が独立してこんもりと膨らんでおり、黄身につまようじを刺すとピンと立つそうです。買ってみないと鮮度はわかりませんが我が子にはなるべく新鮮なおいしいものをあげたいと思うのが親心でしょう。
大きくなって一緒においしい卵料理が食べられますように、楽しい気持ちで離乳食を進めていけると良いですね。