Hiljon / Pixabay


赤ちゃんと一緒に初めてのフライト!楽しみな旅行だけど、長時間の移動やおうちとは違う環境にビックリしてしまうか不安ですよね。ましてや飛行機なんて大人が乗るのもほとんどの人が日常の光景ではないはず。その中でも気になる赤ちゃんのが耳抜き対策。初めての経験で痛い思いを体験させるのは避けたいですよね。

赤ちゃんや子どもでも簡単にできる耳抜きの方法とタイミングを知って、飛行機での時間を楽しく過ごしましょう♪
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

飛行機に乗るとなぜ耳が痛くなるの?

Counselling / Pixabay


途中まで機嫌良く過ごしていたのに、飛行機が飛び立ったとき、到着が近づいたときに激しく泣きだして止まらない!もしかしたら、気圧の変化で耳が痛いのかもしれません。パパママがこのことを知っているか知らないかで、赤ちゃんへの対処法も全く変わってきます。
耳が痛くなるのは、飛行機が上昇・降下するときが多いようです。原因は急激な気圧の変化。

人によっては痛くならない方もいるようですが、これは人によって耳の構造が異なるからのようです。
赤ちゃんや子どもは耳の構造が小さく、空気の通り道も小さいため気圧の変化を敏感に感じてしまうことから痛くなる確率も高くなります。
しかし赤ちゃんは大人のように対処できません。何が起こっているかわからないけど耳が痛い!初めて飛行機に乗るのだったらなおさら怖いですよね。

このような状態で、いくら絵本を読んだりおもちゃで気を紛らわせようとしても泣き止ませることは難しいです。

関連記事
赤ちゃんの飛行機旅 座席の選び方と機内の過ごし方ポイント


赤ちゃんの耳抜き対応方

Ben_Kerckx / Pixabay


大人は耳に違和感があれば、あくびをしたり、つばを飲み込んだり、飴をなめたり、場合によっては耳抜きをして痛みがひどくなる前に対応できます。しかし赤ちゃんは自分で対応することができません。
強制的に何か飲み込む動作をすることで耳抜きをさせることができます。

授乳中の方はおっぱいやミルク、またはおしゃぶりをあげながら過ごすと良いでしょう。授乳ケープやミルクグッズも必需品ですね。卒乳しているという方は、お茶やジュースを飲ませてあげてください。普段ジュースをあげていないお子さんだと集中して飲んでくれると思います。

ちなみに飛行機会社にもよりますが、機内でのミルク作りはCAさんにお願いすることもできます。3歳くらいになると小児用の「気圧変動対応耳栓」も便利で、空港内の売店でも売っています。
また、風邪などで鼻が詰まっていると耳の痛みが出やすいので、事前に耳鼻科などで飛行機を利用することを話して、必要であれば薬の処方をしてもらうことも検討しておくと安心です。

それでも、うまく耳抜きしてあげられるか不安!という方は飛行機に乗る時間帯を工夫して機内でお昼寝をさせてあげると一番安心です。
搭乗前に空港内でたっぷり遊ばせて、機内に入ったらご飯かおやつを食べさせればお腹も膨れて寝てくれる…はず。(笑)
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

耳抜きをするタイミングは?

marianaviolante950 / Pixabay


離陸してから安定飛行に入るまで、飛行機の中の気圧は少しずつ低くなり、だいたい高度2000mくらいの場所にいる気圧の低さになります。
そして目的地が近づき、飛行機が高度を下げていくと共に少しずつ気圧が元に戻っていきます。
一旦気圧が下がると、目的地に着くまで気圧はほとんど変化しませんので、耳がキーンと痛くなるのは、離陸直後と着陸前ということになります。

離陸→安定飛行、安定飛行→着陸は気圧の変化が起こりますので、このタイミングで耳抜きを行います。
耳の構造的に、飛行機の上昇時よりも下降時により強く気圧の変化を受けやすいようですが、機嫌が悪くなることを避けるため二回のタイミングで食べたり飲んだりすると効果的だと思いますよ。

まとめ

赤ちゃんとの旅行は、何か起きる前の事前調査が大事。
私もわが子を連れての初めての海外旅行の際は、飛行機での過ごし方や今回テーマの耳抜き情報なんかを検索しまくっていました(笑)
調べておいたおかげで、離陸着陸の際の対応はバッチリ!息子は離陸の時に期限が悪くなっていたので、すぐ取り出せる位置にジュースとお茶を忍ばせてサッと取り出せるようにしていました。
気になったのは国際線での場合、飲み物の持ち込みは基本的にNGですが、赤ちゃん用の飲み物は持ち込み可能でした。持っていかなくても普段使っているマグの容器だけ持って行って、搭乗前に購入しても良いかと思います。
予備知識を備えて、赤ちゃんとの旅行を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">