TawnyNina / Pixabay

赤ちゃんにとってよい「名前」は、強力な味方となって、幸せな人生を歩む道を開いてあげるものになります。
季節にちなんだ名前も好まれていますね。今回は秋冬生まれの男の子におすすめの名付け例やポイントを紹介していきます。
よい名前をつけるヒントとなり、赤ちゃんが一生幸せになれる手助けになれば幸いです。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

名前に使える字

「気に入った漢字だから名付けに使いたい」と思っても、名前に使える文字には制限があります。
戸籍法施行規則第60条で許されている文字は以下になります。
① 常用漢字表の漢字1945字
② 人名用漢字表の漢字985字
③ ひらがな
④ カタカナ
⑤ 一部の記号(ー・々・ゝ・ゞ)
名前として使用できない文字は以下になります。
① アラビア(算用)数字
② ローマ字
③ ローマ数字
④ ○△☆◎などの記号

名前の読み方

使える文字には制限はありますが、漢字の読み方には制限はありません。
元の意味と反対の意味にとれるような読み方以外は、原則としてどのように読んでも良いことになっています。

よい名付けのポイント

■言いやすく聞きやすい名前を
フルネームは耳に心地よく聞こえることが大切で、フルネームで呼んだときに言いやすいことも大事です。

■書きやすく読みやすい
漢字に懲りすぎて、正しく書いてもらえなかったり、正しく読んでもらえなかったり、と子供がいやな思いをすることがあるかもしれません。できれば一般によく使われている漢字を使いましょう。旧字体も使えますが、ポピュラーな漢字以外は避けた方がよいでしょう。
また、読み方は自由であってもあまりとっぴな名前をつけると不自由さがつきまといます。
音のイメージを大切にするあまり、正しく読んでもらえない名前をつけるのはできるだけ避けましょう。

■バランスの良い名前を
画数の多い(少ない)字ばかり使ったり、姓と名が左右に割れてしまうことがあると、視覚的にバランスが悪くなり不安定です。

■性別がはっきりしている
男女ともに使える名前は人気が高いのですが、どちらにもとれる名前は名乗るたびに性別を確認されたり、書類上で性別を間違えられてしまうというデメリットも伴います。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

■あやかり名には一工夫を
「名付けは時代を反映する鏡」といって、赤ちゃんが生まれた年に活躍した人の名前が多くつけられる傾向があります。
同じ名前の子供がたくさんいる可能性も高いですし、今活躍していても、今後の社会的評価がいつ変化するかも分かりません。
慎重になって、音だけあやかって漢字を変えてみる、一文字だけ使う、漢字はそのままで読み方を変えるなど工夫をするといいでしょう。

秋冬生まれの男の子の赤ちゃんにおすすめの漢字

秋冬生まれにオススメの漢字と主な読み・画数・意味やイメージ・男の子の名前例を紹介していきます。

秋生まれ(9~11月


 秋は実り、収穫のシーズン。豊かさをイメージする名前の他、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋にちなんだ名前などはいかがでしょうか。
■実(ジツ・これ・さね・ちか・つね・なお・のり・ま・まこと・み・みつ・みのる)8画
 実がいっぱいにつまった果実。例:実俊(みつとし)実(みのる)
■秋(シュウ・あき・あきら・おさむ・とき・とし・みのる)9画
 実った稲を集め収めることを表す。さわやかな季節のイメージ。例:秋宏(あきひろ)昌秋(まさとし)
■稔(ネン・ジン・とし・なり・なる・みのる)13画
 稲がふくらみ熟す、みのるの意。豊かなイメージ。例:稔雄(としお)稔真(なりまさ)
■文(ブン・モン・あき・あや・いと・とも・のぶ・のり・ひさ・ひとし・ふみ・ふむ・み・や・やす・ゆき・よし)4画
 知的なイメージ。例:文伸(やすのぶ)文貴(ふみき)
■豊(ホウ・あつ・て・と・とよ・のぼる・ひろし・みのる・もり・ゆたか・よし)13画
 ゆたかで恵まれた人生を願って。例:豊(ゆたか)豊功(よしのり)


冬生まれ(12~2月)

冬はクリスマスやお正月などイベントが盛りだくさん。クリスマスやお正月をイメージする名前、また白い雪にちなんだ清潔感のある名前はいかがでしょうか。
■元(ゲン・ガン・あき・ちか・なが・はじむ・はじめ・はる・まさ・もと・ゆき・よし)4画
 ものごとのはじめ、おおもと。「元日」などの連想から縁起の良い字。例:元基(げんき)元城(はるき)
■寿(ジュ・かず・ことぶき・す・ず・たもつ・つね・とし・ひさ・ひさし・ひで・ひろし・やすし・よし)7画
 年老いるまでの長い年月を表している字。長寿のイメージから好感度が高い。例:寿朋(ひさとも)寿延(よしのぶ)
■初(ショ・うい・はじめ・はつ・もと)7画
 はじめ。第一子につけることが多い。例:初晃(もとあき)初泰(もとやす)
■聖(セイ・ショウ・あきら・きよ・さと・さとし・さとる・とし・ひじり・まさ)13画
 知徳のすぐれた人、:ひじりの意。クリスマスの印象もあり賢くて清らかなイメージ。例:聖太(しょうた)聖明(としあき)
■冬(トウ・かず・とし・ふゆ)5画
 四季のうち一番寒い季節。クールなイメージ。例:冬季(としき)冬樹(ふゆき)
■睦(ボク・モク・あつし・ちか・ちかし・とき・とも・のぶ・まこと・む・むつ・むつみ・よし・よしみ)13画
 多くの人が仲良く集まる、仲良くするという意味。「睦月」旧暦1月の別称。例:睦(あつし)祥睦(よしのぶ)
■凜(リン)15画
りりしい、冷たい。きっぱりとしているさまの意。例:凜哉(りんや)凜太朗(りんたろう)


まとめ

赤ちゃんの名付けのポイントはいくつかありますが、親の願いをこめた素敵な名前をつけたいですね。漢字のもつ意味は、音読みでも訓読みでも根本は同じ力があります。良い意味の文字には良い働きがあり、不吉な文字には悪い誘導があると言われています。
使いたい漢字の意味は調べた上で決めることをおすすめします。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">