Deedee86 / Pixabay

これから生まれてくる赤ちゃんに最初にプレゼントするものが「名前」です。名前はこれから社会にでる我が子が一生付き合っていくものです。親の愛と願いを込めた素敵な名前をプレゼントしたいですね。赤ちゃんにとっては、親の愛が何よりも嬉しく、健やかに育つエネルギーになります。
今回は、夏生まれの女の子の赤ちゃんにぴったりの名前をアドバイスさせて頂きます。

名前に使える漢字

まず、名付けに使える字は、戸籍法施行規則で決められており、漢字は常用漢字と人名漢字です。その他、ひらがなとカタカナ、一部の符号です。
法律で名付けに認められている漢字の中には、名前に用いるのはふさわしくないと思われる字もあります。漢字の意味が後ろ向きだったり、暗かったり、忌まわしい意味を持つものなら避けた方がいいでしょう。(例:厄・死・悪・毒・恨・盗など)
使いたい漢字の意味は必ず調べた方がいいですね。
また、旧字体の使用も認められています。しかし、旧字体は普段あまり使われていない漢字ですから、他人に名前を書いてもらうときに間違えられてしまったり、電話で説明する際にも戸惑ってしまう可能性があります。赤ちゃんが将来自分の名前を書くのに手間取ったり、苦労するかもしれません。使う場合はポピュラーな漢字以外は避けた方がいいでしょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


名前の読み方


使える文字には制限がありますが、漢字の読み方には規制はありません。
漢字の多くには、音読み、訓読みがありますが、名のり読みという読み方もあります。
名前は耳に心地よく聞こえることが大切です。フルネームで口に出してみて、響きの良い名前がよいでしょう。
読み方は自由なので、アイデアの幅が広がりますが、あまりにとっぴな名前をつけた場合いつも正しく呼んでもらえない不自由さや、からかわれる対象になったりすることもあります。子供が小学校に入ってから名前が原因でいじめにあうことだって考えられます。子供が自分の名前を嫌いになってしまわないよう、音のイメージにとらわれすぎないように注意が必要です。

名前の画数

GinamarieKoch / Pixabay


姓名判断は流派によって画数の数え方が違っていて、ある流派では「良い名前」とされていても、他の流派だと「悪い名前」になってしまうこともあります。
画数の調べ方は本など多数出版されています。今はインターネットを利用するという手もありますが、あくまでもひとつのヒントとしてとらえておくのがいいでしょう。

夏生まれの女の子にオススメの漢字と名前

jill111 / Pixabay


夏は照りつける太陽と、海や山といった自然を楽しむ季節です。
活発なイメージや暑さを和らげてくれるような爽やかな印象の名前がぴったりです。
また、女の子なら、美しく優しく、人から愛され幸せな人生を歩む子になるよう願いをこめた名前はいかがでしょうか。

夏生まれにオススメの漢字と主な読み・画数・意味やイメージ・女の子の名前例を紹介していきます。


■帆(ハン・ほ)6画
 水面が広くふわふわ広がることを表す。例:夏帆(かほ)帆乃香(ほのか)

■汐(セキ・きよ・しお)6画
 夕方の海の美しい光景を思わせる。例:汐香(きよか)汐珠(きよみ)

■凪(なぎ・なぐ)6画
 風がやんで海が静かになる、優しく穏やかな自然を思わせる。例:令凪(れいな)南凪(なな)

■波(ハ・なみ)8画
 海や湖のように自然がきらめくイメージ。例:美波(みなみ)優波(ゆうは)

■青(セイ・ショウ・あお・きよ・つら・はる・よし)8画
青々とした海。若々しくて躍動感がある。例:青香(はるか)青加(きよか)

■茉(マツ・バツ・ま)8画
 「茉莉(まつり)」夏になると白い小さな花をつける木。かわいらしいイメージ。例:茉莉子(まりこ)茉央(まお)

■海(カイ・あま・うな・うみ・み)9画
 どこまでも澄んだ海原のように心の広い子になるように。例:明海(あけみ)永海莉(えみり)

■南(ナン・ナ・あけ・なみ・みな・みなみ・よし)9画
 日当たりが良くあたたかいイメージ。例:美南(みなみ)遙南(はるな)

■夏(カ・ゲ・なつ)10画
 明るく元気なこになるように。例:李夏(りか)夏代子(かよこ)

■涼(リョウ・あつ・すけ・すずし)11画
すずしくて、さわやかでひんやりしている。さわやかな風のイメージ。例:涼未(すずみ)涼葉(すずは)
 
■渚(ショ・なぎさ)11画
 波打ちぎわ。なぎさ。例:渚(なぎさ)渚沙(なぎさ)

■爽(ソウ・あきら・さ・さや・さわ)11画
明るくさわやかなイメージ。例:爽央里(さおり)美爽子(みさこ)
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


赤ちゃんの名前はいつまでに決めたらいいの?
stevepb / Pixabay


赤ちゃんの名前は、出生届を提出するときまでに決めておかなければなりません。出生届は、誕生した日を含めて14日以内に市区町村の役所に提出します。名前がきまらず、そのまま出生届を出さないでいると、簡易裁判所から過料の請求通知が来てしまいます。出生届の延滞が認められるのは、届出人が災害や交通事故、重病など不可抗力の正当な理由がある場合だけです。

赤ちゃんの名前がなかなか決まらず、期日に間に合わないときは、とりあえずこの氏名欄は空欄のままで出生届を提出することができます。この場合、後日名前が決まったら追完手続きをします。ただし、追完手続きをした場合は戸籍を修正することになり、戸籍に名前を追加したという記録が残ってしまいます。

まとめ
赤ちゃんに素晴らしい人生を送ってもらうために、より幸福で充実した生活を送る道を開いてあげる第一歩がよい「名前」です。よい「名前」をつけようと思ったときから、赤ちゃんへの愛が始まっているんです。
名前を考えるにあたって、イメージや響き、画数や字面、いろいろな項目がありますが、何に重きを置くかは自由です。赤ちゃんが幸せな人生を歩むように、素敵な名前を考えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">