赤ちゃんの名前は、両親からわが子に最初にプレゼントする大切なものです。親は様々な願いをこめて、これからの赤ちゃんの人生が素晴らしいものになるように名前に命を吹き込みます。よい「名前」をつけたいと思った時から、赤ちゃんへの愛が始まっている証ですね。

しかし、個性的な名前をと思うあまり斬新になりすぎてしまっては、一生その名前と付き合っていく子供はどう感じるのか考える必要もあります。子供が名前で苦労することがないように慎重に考えていきましょう。

季節にちなんだ名前も好まれていますね。今回は、夏生まれの男の子の名前についてアドバイスしていきます。
考えすぎてまとまりがつかない状態になる前に、チェックポイントやオススメの漢字などを紹介していきます。

iennifer / Pixabay


スポンサーリンク


名前に使える漢字

christianabella / Pixabay


まず、名付けに使える字は、戸籍法施行規則で決められており、漢字は常用漢字と人名漢字です。その他、ひらがなとカタカナ、一部の符号です。
符号に関しては、ー(伸ばす記号)々(繰り返す記号)ゝ(繰り返す記号)ゞ(濁点:繰り返す記号)です。
法律で名付けに認められている漢字の中には、名前に用いるのはふさわしくないと思われる字もあります。漢字の意味が後ろ向きだったり、暗かったり、忌まわしい意味を持つものなら避けた方がいいでしょう。(例:厄・死・悪・毒・恨・盗など)
使いたい漢字の意味は必ず調べた方がいいですね。
また、旧字体の使用も認められています。しかし、旧字体は普段あまり使われていない漢字ですから、他人に名前を書いてもらうときに間違えられてしまったり、電話で説明する際にも戸惑ってしまう可能性があります。赤ちゃんが将来自分の名前を書くのに手間取ったり、苦労するかもしれません。使う場合はポピュラーな漢字以外は避けた方がいいでしょう。
名前の候補にあがった字で画数が良くなかった場合に選択肢のひとつにしてみてください。

名前の画数

GinamarieKoch / Pixabay


姓名判断は流派によって画数の数え方が違っていて、ある流派では「良い名前」とされていても、他の流派だと「悪い名前」になってしまうこともあります。
しかし、たとえ良くない画数の人でも社会的に成功している人はたくさんいますので、あくまでもひとつのヒントとしてとらえておくのがいいでしょう。
・天格(姓の画数の合計。代々受け継ぐもので吉凶は問いません。)
・人格運(家庭運や人間関係、20代の結婚期の運勢をあらわします。)
・地格運(名前の画数の合計。その人自身をあらわします。人生の幼少期から10代と中年期の運勢を占うと言われます。)
・外格運(環境に関することなど、自分自身と外との関係をあらわします。)
・総格運(希望達成運や50代からの運勢をあらわします。)
これらを合わせて五格運といいます。

良い画数(吉数)

1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,21,23,24,25,29,31,32,33,35,37,38,39,41,42,45,47,48,52,57,58,61,63,65,67,68,75,81

悪い画数(凶数)

2,4,9,10,12,14,19,20,22,34,40,44,46,50,54,59,60,62,64,66,69,70,72,74,76,79,80

吉凶混合画数(吉運と凶運が入交の油断禁物の数)

26,27,28,30,36,43,49,51,53,55,56,71,73,77,78
スポンサーリンク


名前の読み方

使える文字には制限がありますが、漢字の読み方には規制はありません。
漢字の多くには、音読み、訓読みがありますが、名のり読みという読み方もあります。
名前は耳に心地よく聞こえることが大切です。フルネームで口に出してみて、響きの良い名前がよいでしょう。
ある名付けの先生によると「歩論(ぽろん)」「夢民(むうみん)といった名付けの相談があったそうです。読み方は自由なので、アイデアはとても素晴らしいのですがあまりとっぴな名前をつけた場合、いつも正しく呼んでもらえない不自由さがつきまとうでしょう。イメージを気にするあまり、とっぴなものはできるだけ避けた方がいいと思います。

夏生まれの男の子にオススメの漢字と名前

DariuszSankowski / Pixabay


夏は照りつける太陽と、海や山といった自然を楽しむ季節です。
活発なイメージや暑さを和らげてくれるような爽快な印象の名前がぴったりです。
また、男の子なら、元気で健やかにたくましく、そして強い意志と行動力を持った子になるよう願いをこめた名前はいかがでしょうか。

夏生まれにオススメの漢字と主な読み・画数・意味やイメージ・男の子の名前例を紹介していきます。
■青(セイ・ショウ・あお・きよ・つら・はる・よし)8画
青々とした海、青葉を吹く風。若々しくて躍動感がある。例:青空(あおぞら)青児(せいじ)

■海(カイ・あま・うな・うみ・み)9画
海原のように心の広い子になるように。例:海斗(かいと)拓海(たくみ)

■洋(ヨウ・うみ・きよ・なみ・ひろ・ひろし・み)9画
大きなうみの意、広く果てしないさま。西洋のイメージもあり、国際的な活躍を願って。例:洋樹(ひろき)洋佑(ようすけ)

■風(フウ・かざ・かぜ)9画
自由な人になるように。例:風哉(ふうや)晴風(はるかぜ)

■夏(カ・ゲ・なつ)10画
明るく元気な子になるように。例:夏輝(なつき)夏士(なつお)

■航(コウ・かず・つら・わたる)10画
人生を海にたとえて、真っ直ぐに進んでいくイメージ。例:航平(こうへい)航太郎(こうたろう)

■舵(ダ・タ・かじ)11画
船を前に進める道具。広い海にこぎだしていくイメージ。例:恵舵(けいた)広舵(こうた)

■爽(ソウ・あきら・さ・さや・さわ)11画
明るくさわやかなイメージ。例:爽太(そうた)

■涼(リョウ・あつ・すけ・すずし)11画
すずしくて、さわやかでひんやりしている。さわやかな風のイメージ。例:涼介(りょうすけ)涼真(りょうま)

■陽(ヨウ・あき・あきら・お・きよ・きよし・たか・なか・はる・ひ・や)12画
明るく温かい心を育んでほしいと願って。例:太陽(たいよう)勢陽(なりあき)

■碧(ヘキ・あお・きよし・たま・みどり)14画
美しい青緑色。美しい色のイメージ。例:碧倫(きよつぐ)碧希(あおき)

まとめ

画数やイメージ、誰かにあやかった名前、字面、響きなど名前で考えられることは様々です。何に重きを置くか人それぞれですから、ご自身の思いを込めた名前を考えてみてください。
赤ちゃんが幸せになるように素敵な名前をプレゼントしてあげてくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク