いつもの通り我が子を抱き上げると熱い!いつもと違う!突発性発疹とは大体の人が生まれて初初めてかかるウイルス性感染症です。今回は突発性発疹とは何か、症状、お家での過ごし方、プール、入浴、保育園はいつから登園できるのかをご紹介いたします。

TaniaVdB / Pixabay

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


突発性発疹てなに?

突発性発疹とはヒトヘルペスウィルス群(HHV)No6というウィルスによって引き起こされる感染症で感染力は弱いですがうつる病気です。

赤ちゃんは生後3ヶ月頃までは、ママからもらった免疫のおかげでウイルス性の感染症から守られています。しかし、時間の経過とともに免疫が薄れて生後6ヶ月を過ぎた頃には免疫の力が弱まっています。赤ちゃん自身の免疫が本格的に機能し始めるのが1歳頃なので、ちょうどこのタイミングでヒトヘルペスウイルスに感染してしまう可能性が高まるのです。

突発性発疹の予防接種はなく、特別な予防法もありません。初めてわが子が辛そうにぐったり姿をみることになるためるパニックになる親御さんも多いと思います。でも突発性発疹は90%の人が通過する道なのでしっかりケアをしてあげればなんの問題もありません。
Myriams-Fotos / Pixabay


突発性発疹の感染経路、症状は?

突発性発疹のウィルスの潜伏期間は約7~17日と言われています。感染経路は咳やくしゃみ、唾液、粘膜などからですが感染力が非常に弱いためうつることはまれでまたうつっていても気づかず終わってしまう事が多い様です。

ヒトヘルペスウイルス属は一度感染すると一生体内に残っているので、ヒトヘルペスウイルスを保有する家族を含めた大人から赤ちゃんへと感染するのが主な感染経路だと考えられています。

突発性発疹の症状としてまず38~39度ぐらいの高熱から始まります。風邪とは違い熱意外の症状があまりでないのが特徴です。また高熱が一気にでるので熱性痙攣にかかってしまうお子さんもいるので要注意です。それが3~4日ほど続き、熱が下がったころから発疹が体幹(胸やお腹、背中)を中心に発疹が現れ、全身に広がります。手足と顔は少なめです。

痕は残らないで安心してください。熱がある間は比較的期限がよいことが多いのですが、熱が下がってからがいつも以上に不機嫌になることがあるため別名「不機嫌病」とも言われています。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

突発性発疹になったときのお家での過ごし方、注意点

tshirtevolution / Pixabay


突発発疹になってしまったときはお家でゆっくり体を休めてあげてください。熱の上がりはじめで手足が冷たい時には、身体を温めてあげましょう。逆に手足が温かくほっぺが赤らんで来たら、熱が上がりきってきたサインです。

今度はアイスノンなどで、冷やしてあげてくださいね。汗をかいたままでいると身体が冷えてしまうので、着替えはこまめにしてあげてください。

熱が高いと体内の水分が急激に失われます。特に赤ちゃんはすぐに脱水症状になりやすいのでこまめに水分をあげましょう。またまれに下痢や胃腸炎の合併症を起こしてしまうことがあるのでうんちがやわらかくないかなども注意しましょう。

発疹に対して何か薬を塗った方がいいの?と思うママもいるかもしれませんがこの発疹の原因は体内にあるので薬を塗ったところで何の効果もありません。何もせずじっと見守ってあげましょう。特に治療する必要はありません。

プールやおふろははいってもいいの?

突発性穂発疹にかかってしまったときのプールは、大人でもそうですが赤ちゃんにとっても非常に体力を消耗する運動となります。他の赤ちゃんや幼児に感染する恐れは少ないとは言え突発性発疹に罹患した赤ちゃん自身が疲れてしまいますので、できれば発疹が治まってからも1週間はプールの参加は控えておく方が良いでしょう。

お風呂は熱が高い時は控えた方がいいでしょう。着替えの時に蒸しタオルなどで、身体を拭いてあげるだけでもあかちゃんは充分です。また突発性発疹は唾液などの飛沫感染をする疾病ですので、家族のタオルとしっかり分けて使いましょう。


突発性発疹になったらいつから保育園に行っても良いの?許可書は必要?

突発性発疹になったら保育園はどうなるのでしょう。高熱が治まって発疹もある程度引いたら保育園に再登園できるはずです。許可書は特に必要ありません。突発性発疹になった場合の保育園への登校の目安は「厚生労働省のガイドラインによると解熱後1日以上経過して全身症状が良いとされています。しかし園によっても方針が異なりますので、医師の判断を元に、保育園の先生とも相談してください。


事前に生後6ヶ月を過ぎたら「突発性発疹が起こる可能性がある」ということを知っておくと、発症しても慌てずにすみますね。
高熱でも赤ちゃんの調子がよければ、冷静に見守り様子を観察してあげてください。無理に病院に連れ出すよりも、おうちの中でたっぷりと水分補給をしながら、ゆっくり安静にしておいたほうが赤ちゃんの体には負担が少ないですよ。早くなると良いですね。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">